日本初!!気象予報士だけの演劇集団

 「お天気しるべ」演決定!

 

「洪水注意報が出たけど、どうしたらええの?」

「竜巻注意情報やって。急いで走って帰ったらええんかな?」

最近、世界各地で異常気象が発生し、日本でも大雨による被害等をよくニュースで見るようになりました。気象の変化に伴い、「特別警報」等、気象情報はどんどん進化してきていますが、その情報を正しく理解し、活用できていますか?

 

警報、注意報と聞くと、「危ないから気をつけなきゃ」とは思うけど、実際、何に気をつけて、どう行動すればよいのかよくわからない…

 

そんな疑問にお答えするのが、気象のプロ「お天気しるべ」による今回の防災劇。

お子様でもわかりやすい内容ですので、親子でぜひご覧ください。

子どもは、自分の命を自分で守れるように。大人はみんなの命を守れるように。

そして、お天気や自然とうまく共存して暮らせるように。

そんな願いを込めてお届けします。

 

皆さんも参加できるお天気実験もありますよ。

当日をお楽しみに!

※内容等、変更になる場合もございます。

 

出演(予定): 中島俊夫、三原徹司、畠平美土


出演者ご紹介

団長 中島俊夫

気象予報士だけの演劇集団「お天気しるべ」団長。

「全国の気象予報士に活躍の場所を!」との熱い想いを抱き多方面で活躍中。気象予報士として、NHK福島放送局の天気予報を担当し、また、枚方市出身とのことから、今回の山田池アインちゃんチャリティマラソンには縁を感じている。

三原徹司

大阪市出身、気象予報士。

気象予報士として、テレビ、ラジオで活躍する傍ら、CMナレーションも多数担当。

京阪電車の駅構内アナウンスも担当しており、
               関西人なら一度は聞いたことがある声の持ち主

畠平美土

関西在住、気象予報士。


東京メンバーのみなさんで
東京メンバーのみなさんで

劇団「お天気しるべ」

気象予報士だけの演劇集団。

201211月に中島俊夫を中心に結成。

「お天気しるべ」とは、天気のことをもっと知ってもらいたい、予報士の活躍の場を増やしたいという想いから、お天気の新しい道標になろうとの意味が込められている。

現在は、東京の劇場を中心に公演を行なっているが、今後は、親子で防災への意識を高めてもらおうと、全国の小中学校での公演を企画している。

公演情報等はブログをご覧ください。

ブログ http://ameblo.jp/otenkisirube/